blueberry muffin

甲状腺乳頭がんを闘病していた ぴょんの気ままな日記です

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自由の身に ?入院10日目 術後6日目


相変わらず足が痛い
ついでに腰も痛いし 肩も痛い
お陰で手術したところの痛み 全く感じません!

【6:00】 起床
最近 夜に目が覚めることが多い
まだ 朝じゃないのかって・・・
本日採血の日なんですけど 一向に看護師さん 来ないのですが・・・

【7:30】 採血
やっと来ましたが 1発で出来ず2回針刺され まず1人目 ギブアップ
2人目しばらく待たされて到着 2回指されギブアップ
3人目すぐ到着するも かなり吟味している様子で やっと刺され無事終了
終わったら既に30分以上経過
朝ごはんに遅れてしまう

【8:10】 朝ごはん
(ゴマ角食 海草サラダ シーフードソテー 林檎ジャム 牛乳 持参した紅茶)

【9:00】 回診
あら!イケメン医師登場
しかし名前がK太郎(仮名になっていない気がするけど 笑)だわ
以前にオバサンから生意気な先生がいるって聞いていたのよ K太郎っていう!
同じ苗字の先生がふたりいらっしゃって 別の方かと思っていたら
生意気医師=足の付け根から採血してくれたイケメン医師(仮)=K太郎先生だった!
どうにか退院するまで マスクの下が見たいんですけど
ウワサによると 看護師さんにモテモテのイケメン医師なんだって?

【10:30】 右隣のオバサン退院
いつもお話相手になってくださった Kさんが退院
本当にイロイロなお話聞かせてくださいました
人生の先輩として アドバイス貰って 私泣いてしまいました
優しく抱きしめてくれたことは 私一生忘れません

【11:00】 抜糸&管が抜ける
ホールでメールを打っていると 先生私を探していたらしい
抜糸するよ?と言われ 処置室へ
看護師さんの手を煩わすことのない先生は 自分ですべて器具など用意して
管は簡単に抜け あっと言う間
抜糸は少し痛いかもといわれたけど 以前の虫垂炎の時に比べれば問題なし
消毒の時「やせ我慢してない?」と言われるも 足の痛みに比べればたいしたことないのよね
言われてみればって程度です
本当に気を使ってくれる センセー

【11:30】 おやつ
点滴棒から開放され 売店へ直行
そうそう階段を使いました
食べてから気付いたけど もうすぐ昼だった

【12:00】 昼ごはん
(ごはん たらのマヨネーズ焼き インゲンのいためもの 茶碗蒸し ほうれん草とえのきの和え物)

【13:00】 お喋り
そのまま食事スペースで お喋り続く
そこへまた 私を探してたらしい先生登場
今日の採血でカルシウムの量は 前回よりはいいもののあまり増えていないこと聞かされる
薬の変更も視野にあるものの 月曜日もう一度考えるとのこと

【14:00】 TV
外来が休みなので 1階にてコーヒータイム
その後TV見て過ごす

【18:00】 晩ごはん
(ごはん スコッチエッグ しらすと青梗菜の和え物 オクラととろろ芋)

【19:00】 看護師さんとお話
私には一応担当看護師なる人がついていました
かといって何をしてくれたわけでもないんですけど・・・(苦笑)
丁度帰り道だったんでしょうけど ホールでメールしていると声を掛けてくれました
ちょっと感動!

【22:00】 就寝
ドラマ「交渉人」見るも 見る体制が辛くなり寝る
しかし眠れず しばらくグダグダする
左足が痛く 眠れない
夜中にゴソゴソ湿布を出して貼ったら 少し気持ちが楽になり眠れた


何故か 咳き込むことが多くなり
ゴホゴホ ゲホゲホ繰り返す
どうやら管が抜けたことが 原因らしい
スポンサーサイト

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足が気になる ?入院9日目 術後5日目

とにかく 左ふくらはぎが痛くてたまらない
腰もいたいような気はするけど 足に比べれば
唇は良くなってきたけど・・・

【6:00】 起床
夜何度も目が覚める 朝来るのが長かった・・・

【8:00】 朝ごはん
(ソフトフランス ブルーベリージャム オムレツ コンソメスープ キャべツと肉の炒め物 牛乳)

【9:00】 回診
その前に先生来る
管はまだ抜けず 一緒に抜糸する事を聞かされる
残してくれた副甲状腺は働いておらず カルシウムの量を増やすかもしれないことも告げられる

【10:00】 ラジオを聴く
いつも聞いている「十人十色」はたいやき特集
そういえばスィーツと呼ばれる甘いものは 食べていないことに気付くが
あまり食べたい気分でもない
この際にダイエットをしなければと 改めて思う
こまめに計っている体重は 入院時より2K減
10K減でも痩せすぎではないよなぁ・・・

【11:00】 身体を拭いてもらう
首から下はシャワー浴びても 問題ないんじゃないだろうかと思いつつ
毎日身体を拭いています
まぁ 誰に会うわけでもないしここから出るわけでもないし いいんだけどさ

【12:00】 昼ごはん
(ごはん 肉豆腐 コールスロー カニしゅうまい バナナ)

【13:30】 おやつ
たいやきは食べれないけど プリンを食べる
ツルンと口に入る食べ物が 食べたくてたまらない

【16:00】 オット見舞い
「救命病棟24時」見ていると オットが来る
昼に珍しく残したバナナ食べて帰っていく
いつも手ぶらだねと言うと 何を食べたいが聞かれるが答えられない

【18:00】 晩ごはん
(ごはん 海老チリ 春雨サラダ かぼちゃの煮物 味噌汁)
右となりのオバサンが明日退院
最後のお喋りに花が咲く
19時ごろ 先生見かけるけど 今日手術だったよね?
やっぱあんなに時間が掛かったのは 私だけなんだわ・・・
その後お喋りをしているところに 先生登場
管を見ていき 月曜日くらいからお風呂解禁聞かされる

【21:00】 就寝
やっぱりすることがなく TV見ててもつまらない
結局早く寝る


暇なので 時々チェックするメール
来ているとかなり嬉しい
意外とオットからは来ないなぁ
あれどこ?これどこ?メールが 多いと思ったのに

ワンパターンの食事メニューに飽きてきた

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

痛みが加速する ?入院8日目 術後4日目


どんどん痛みが酷くなる 左ふくらはぎ
湿布するといくらかは良くなるんだけど 肌も弱くて
いつまでも貼っているわけにはいかないよね・・・

【6:00】 起床
洗面台がうるさく 起きていられない
丁度私のお向えが 洗面所なのよ・・・
今日も採血があり 看護師さんが来るまでゴロゴロ
今回も1発でOK!

【7:00】 モーニングコーヒー
美味しいコーヒーが飲みたいのだけれど 自販機コーヒーでガマン
でも久しぶりで満足
あ? スティックになったネスカフェのカフェシリーズ持って来るんだったわ

【6:00】 朝ごはん
(ロールパン3コ ママレードジャム ウインナーとキャべツのスープ煮 カニカマサラダ 缶みかん 牛乳)

【9:00】 X線写真
回診の前に先生 管を見に来る
その後 回診の最中にX線室から呼ばれ 回診後慌ててとりに行く
帰り道売店により 恒例のヨーグルト

【10:00】 久しぶりの洗髪
看護師さんに身体を拭いてもらい 髪を洗ってもらう
美容師さんほどではないけれど やってもらうのは気持ちがいいなぁ
でもひとりで出来たかな???

【11:00】 お見舞い
右ひとつ置いて隣にいたオバサンが病室に移ったので お見舞いに
そのオバサンと同室の方が甲状腺の患者で 明日手術と聞く
先生 今週また4時間の手術するの?? 

【12:00】 昼ごはん
(カレーライス シーフードサラダ パイン)
久しぶりのカレーに感激!

【14:30】 ラジオ聞く
先生がやって来て 採決の結果カルシウムの数値が悪いらしいこと聞かされる
退院は来週の水曜日以降の見通し

【15:00】 TV&昼寝
「あなたは星」を見ながら うたた寝していた
起きると「救命病棟24時」の時間 慌てて見るが 真剣そのもの(笑)

【18:00】 晩ごはん
(ごはん さわらのホイル焼き 味噌汁 いんげんのピーナツ和え ビーフン)

【21:00】 就寝
そろそろ退院準備のため 少し遅くまで起きていようと思いTV見てるが
いつの間にか寝てしまっている・・・


腰も痛いけど 左ふくらはぎの痛みがかなりひどい
お陰で本来の傷などの痛み ほとんど感じないと言う有様
先生から手足痺れが無いかと問われるものの あまり気にしていなかったが
言われてみれば 時々足が痺れる
いわゆるあの痺れではなくて ほんの数秒ジワーっとするもの

心なしか アトピーが改善された気がする
痒みもあまり感じないし 皮がむけたりすることもない
もしかするとこれでかなり良くなるかも!

そうそう 昨夜のんだ下剤の効果なし

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

激痛に耐える ?入院7日目 術後3日目

昨日もそうだったけど とにかく腰が痛い
さらには 左ふくらはぎの痛みが増大してきました
看護師さんに訴え 湿布もらいましたが・・・
それに加え 後から気付いたのですが
唇の右上が腫れているよう印象で 痛い!(実際に鏡で見るとそうでもない)
口から管を入れたときに出来てしまったようです

【6:00】 起床
5時ころ目が覚め うつらうつら
時間前から洗面台使っているヤツがいて 音がウルサイ!

【8:00】 朝ごはん
(ごはん 笹かまのにもの キャベツとパプリカの煮物 大根の味噌汁 煮豆 牛乳)
3食ご飯に飽きてきて 翌日から洋食をオーダーすることにした
実は夕食も2種類から事前に選べるシステムになっている
最初の3日間くらいは無理なんだけど 昨日夕食からオーダーしたもの

【9:00】 回診
珍しく回診前に先生来ないと思ったら 今日は回診の担当なのね?
管付近のガーゼを交換
その上に覆うガーゼが取れて大変!

【9:30】 おやつ
この時間にお買い物をするのがクセになっています
そしたら シュークリーム発見!
ついつい購入 こんな時間からおやつです

【10:00】 身体を拭いてもらう
看護師さんから髪も洗ってくれるといわれたのですが
前かがみになる自信がなくて 明日にしてもらう

【10:30】 TV
元々私は韓ドラ以外TVは見ないのだけれど この状態で時間を潰すのには・・・
ということで TVを見られるようにしてもらう
ニュースくらいは食事する部屋で見ていたのだけれど 久しぶり
早速 「人魚姫」を見る
かなり確信に迫って面白いことになってきた?
こりゃ月曜日は絶対見なくちゃ!

【11:00】 オット見舞い
オットが古新聞を持って 来てくれた
新聞って本当にヒマ潰しになるのよね

【12:00】 昼ごはん
(しょうゆラーメン 豆腐サラダ みかん)
え?っ 水曜日は麺の日なのね
どうやって出てくるのかと思ったら 麺を温めスープの中へ
一人一人給仕してくれるんだわ

【13:00】 新聞読む
隅から隅まで 新聞読む
情報は古いけど やっぱりヒマつぶしには一番

【15:00】 おやつ
ヨーグルトを食べるが 昨日お通じなかったなぁ
カルシウムも補給しないといけないし 何よりつるっとお腹に入るのが嬉しいの
TV見たら 「救命病棟24時」やっていた
江口洋介 カッコイイ? 面白くてハマる 
やっぱ「外科医ポン・ダルヒ」も面白かったけど 緊張感あるこういうドラマは
日本のモノに限るわ 明日からも楽しみ♪

【18:00】 晩ごはん
(ごはん 海老寄せ蒸し もやしと水菜のあえもの サツマイモの煮物 味噌汁)
相変わらず 食事後のお喋りは毎回

【19:00】 TV
先生 帰り際だと思うけど 管を見に来る
そこで聞こうと思っていた ガン保険に該当するかを確認すると
大丈夫らしく ひとり安心する

【21:00】 就寝
今日も早く眠くななる
本日もお通じがなく 下剤を飲んで寝る
先生ったら 私が2回下剤を飲んだことで
7回分も下剤を処方してくれていた!
もう気が利くんだから? 


昨日一昨日もそうなんだけど
傷を覆ってるガーゼが どうもスッキリ収まらず
1枚では覆いきれないので 2枚を張り合わせるも
皮膚が普通ではないせいか ポロポロ取れる!
傷にはテープ張っているし いいんじゃないの?と思うけど
そういうわけにはいかないのよね

今日も1日 左足ふくらはぎに激痛
しかも徐々に痛さが増している感じ
後で気付いたことだけど 左は腰も痛いので
腰に関係していると思う
股関節の左側が 私の場合おかしいのよね
とにかく ふくらはぎの激痛が傷より痛い!

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

復活! ?入院6日目 術後2日目


長かった1夜が明けた・・・
これ 午前中からの手術だったら地獄の1夜だったよ

【6:00】 起床
少しは眠っていたのだろうか?
アナウンスで6時になったことを知って ホッとする
かといって起き上がれないので うつらうつら状態
看護師さんに顔を拭いてもらい うがいする
ところで あの着ていた長い寝巻きは 上に掛けられたまま
T字帯は結ばれていなくて 手を伸ばすと私は生まれたままの状態(笑)
コレって酷くない?
採血は いつもの右手がブドウ糖の点滴のため使えず
足からしますと告げられる
しかし 看護師が変るたびに4度の失敗 さすがに5度目は拒否した(苦笑)
ベットに寝たままX線写真撮影
回診の前に先生が様子を見に来てくれ 採血の件を看護師から聞いていた
どうやらプロを呼んでくれるらしく ホッとする

【9:00】 回診
あらまー イケメン医師登場
腰は痛いけど 意識はハッキリしてきて目が覚めたわ(爆)
但しマスク着用でよく分からない けどきっとイケメンよ!
そしたらなんと その先生が回診後また私のところに
「足の付け根の動脈から採血します」 と
思わず「え?っ????」に「聞いてなかった?」
私 一糸まとわぬ姿なのに・・・
「痛くなかったでしょう?」とイケメン医師 
痛くなくても ハズかしかったわよ・・・

【10:30】 自分のベットへ
鼻の管や尿管を簡単に取られ 下着と寝巻きを身に着ける
腰は痛いものの 傷は痛くない
意外と平気なもんだなと思い 歩いて病室へ戻る
寝てはいけないと キツく先生に言われていたので 寄りかかりラジオ聞く
でもコックリコックリして 首が後ろにいちゃった時は本当にビックリした
あり得ない?
私は甲状腺と付近のリンパを切除したので 首の両端から管を出しています
排出された液体が少なくなるといいらしいんだけど この溜めるボトルと点滴が
今もれなく付いています(笑)

【12:00】 お昼ごはん
(おかゆ 豚肉しょうが焼き マカロニサラダ 焼きなす グレープフルーツ)
意外と食べられる
豚肉だけ残し 完食
のどは確かに“ゴックン”する時 ツライ
今日から薬の服用が始まる
1日4回(朝・昼・夜・寝る前)の乳酸カルシウム 
朝食後のチラーヂンS25 2錠とアルファロール1 2錠
さすがに寝不足もあり 起きていなさいと言われながらも昼寝してしまう

【14:00】 おやつ
歩くことも必要なので 点滴棒を持ちながら売店へ
お決まりのヨーグルト購入し 食べる

【14:30】 義母が見舞い
オットが来れないからということで 代りに母が様子を見に
意外と元気そうな姿に安心した様子

【18:00】 晩ごはん
(おかゆ 肉団子のあんかけ ブロッコリーと卵のサラダ カブの煮物 豆腐とあげの味噌汁)
問題なく 完食

【18:00】 点滴終了
ブドウ糖2個と 抗生剤の点滴が外れたが 
首から出ている管があるので 点滴棒はそのまま

【21:00】 就寝
昼寝するも寝不足のため 早めに就寝


のどを通るのが辛いため 昼は食べられないかと思ったが
空腹の方が断然勝っていた
そうそう 面談の時普通は食べられないって言っていたっけなぁ
まぁ 元気な証拠だ!

昼休みだろうか?先生来てくれる
起き上がる時には 首に手を添えるように言われるが
センセー もっと早く言って欲しかったわ?
本当によく顔を出してくれる先生で 安心しきってます私

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術日当日 ?入院5日目 術後1日目


とうとう手術日を迎えました!

13時開始で 4時間の予定
明日の昼ごはんから 食事開始
全身麻酔なのに そんなに回復早いですかぁ???

先日の面談で 翌日は寄っかかってもいいから必ず起きていること
首の傷が寝ているとそのシワのままになってしまうからと言われていました
20年前に虫垂炎の手術を受けているのですが 
それからするとかなり軽そうなイメージ???

【6:00】 起床
安定剤で深く眠っていたのか? 何故だか背中が痛い
通常通りなんだけど 何故だか落ち着かないのは気のせいだろうか?

【9:30】 浣腸
前日下剤使っていてよかったよ
いきなりコレでは 大変だったはず・・・
だって 2?3分ガマンしてくださいって言われたけど
トイレ直行!
その後先生現れ 傷がどんな感じでつくのか マジックで首に書かれる
結構大きく大胆なんだけど 私そんなに気にしてません
もういい歳ですから(爆)

【11:00】 オット到着
その前に身体を拭いてもらい 長い寝巻きに着替える
正直なところ この辺からあまり記憶がない
手術中の点滴の針を入れてもらうが 問題なく1発で終了
その後点滴が始まり 眠くなってくるのだが
眠くなった記憶さえ 怪しい

【12:30】 手術室へ移動
本当が記憶がない!
自分でストレッチャーに乗ったもんだか?移されたもんだかも分からない
ただ移動の最中 曲がり角が多くて 酔いそうになった
そして手術室のベットに移動させられ 名前を言わされたこと
そして胸などに何かペタペタ張られた記憶は鮮明に
今回の麻酔は必ず 3を数えられるようにと思っていたけど(←ナベアツかよ)
数を数えるように言われなかった(笑)

【19:10】 手術室退室
起され気が付いたら 手術終了
腰がメチャクチャ痛かった!
そして メチャクチャ暑かった!
身体は細いベットに張り付いている感じ
腰を動かしたいのだけれど 足が固定されているらしく動けない
訴えたいけど 声が出ないー!
病棟からお迎えが来ますから 待ってくださいと言われるも
いつまで待たせるんだ?(激怒)
この時間たるや 今までの人生の中で一番長く感じられた
実際にはそうでもないんだろうな

【19:30】 オットと対面
リカバリーなる手術したばっかりの人が1泊する部屋で気付く
オットが左にいてくれて 時間を聞くと19時半
え?っそんな時間???
とにかく 腰が痛いが4時間は安静にとのことで先生に説得される
1時間置きの血圧と検温が わずらわしい
次に気付いた時は横向きが許されるが 一緒に首も痛い
右肩が痛いと訴えたいが 声が出ない(というか うまく説明できなかったのだろうと思う)
痛み止めが処方されてますから 注射打ちますと看護師に言われるが
傷が痛いじゃないんだよ?
手にナースコール無理矢理持たされる

【一晩中】 右に左に
とにかく検温と血圧測定がわずらわしい上に 腰が痛くて非常にツライ
10分も持たず(実際は違うかも)に また寝返りを打ちたくなる
看護師さん呼ぶのもあまりに気の毒で 仕舞には自分で背もたれにする枕を動かす
なかなか朝はやって来ない


虫垂炎の手術から学んでいることは
手術中は何事が起こっているか 分からないので
安心して寝てられる
但し 手術室で起された時から苦痛が始まるってこと
全くその通りだっただけど 問題は傷じゃないのよ
痛かったんだろうけど それより腰なのよ?


【後日談】
後に オットから聞いたことなんだけど
手術時間は6時間近くだったらしい 
手術室から出てきたのは19時10分だったそう
医師からの説明によると
予定通りたっだのだけれど 私のアトピーによる感染症予防のため
縫合に時間がかかったんだとか
まして女性なので 細かく縫ってくれたんだそう
そうそう 抜糸したときの糸は髪の毛より細かったもの・・・
先生本当にありがとうございました!

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とうとう明日です! ?入院4日目


健康体ともしばしお別れ
今日は出来ることはしておかなくちゃ!

【6:00】 起床
ベットにも慣れてきて 気分爽快に目覚める
今日から尿の量を測ることになてっていて 早速!
自分で気にしたことなかったけど 尿って意外と少ないのね(笑)
看護師さんに昨日お通じなかったこと伝え 下剤を貰い飲んでみる

【8:00】 朝ごはん
(ごはん 大豆の五目煮 水菜のおひたし パリッコ 味噌汁)
ココのごはんは まぁまぁ美味しい
他人の作ってくれたご飯なので あり難く頂こう

【9:00】 おやつ
午前中に食べるのが 定番になりつつあります
本当は3時ころおやつ代わりに食べたいのだけれど
売店で売り切れちゃうのよ?
これだけのために冷蔵庫借りるのも ナンだし・・・

【11:00】 お風呂
またもひとり独占状態
汗臭かったのでスッキリするも また汗かいちゃうのよね
上がってきたところで 先生顔見せるがいつお休みしてんの???
明日私の大事な手術なんですけどー(爆)

【12:00】 昼ごはん
(黒糖パン ビーフシチュー マカロニサラダ パイン)
手術前の食事は 今回で終了
絶食に入ります 水分のたぐいは本日24時で終了

【14:00】 メールチェック
定期的にメールはチェックしています
オットからの大事なこともあるだろうと思って・・・
そしたら突然に 母から今実家を出るとのこと
既に1時間経過しているので 到着1時間くらいあとか??
朝飲んだ下剤の効果がサッパリで もう1袋貰って飲んでみる

【17:00】 母と妹夫婦到着
どうしたかと思ったわよ? あまりに遅くて
天気は荒れ模様だし いつまでも着かないし
エレベーター前で待っていたら やっと到着
いくらも話さないうちに 夕食の時間に
数時間かけてきてくれたのに 面会時間わずか
それでも来てくれた母と妹夫婦 ありがとう

【18:00】 晩ごはんの時間だけれど
悔しいので水ばかり口にする
しかも 買って来たミネラルウォーター(笑)
多分手術後は本を読む余裕などないと見て 
せっせと読んでいた馳星周「楽園の眠り」
かなり厚い文庫だったけど 少しづつ4日間で読破
ツッコミどころが いっぱいだったなぁ
これは後に 書きたいと思ってます

【20:00】 散歩
お腹の調子が良くないので 運動のために病棟最上階へ
夜景が素晴らしいと聞いて行ってみたけど
どうやら病室でないと見えないらしい

【20:30】 安定剤を飲む
明日は手術だし 本も読んだことだし早めに横になる
看護師さんから渡された眠剤飲んだら すぐさま就寝
しかし 下剤の効果が夜中に現れ 12時ごろ目が覚める
お腹はスッキリ 朝までー


普通の患者さんであれば 不安いっぱいなところなんだろうけど
いつもと変らない1日でした
だって手術中なんて どうせ私には分からないんだし
母や妹の顔を見てホッとできたのは 安心の材料だったかもしれない
昨年の秋から考えていた手術は とうとう明日だ!
すこしの間だけ苦痛はあるだろうけど 次の日から食事は出るし
知れているんじゃないかな?

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少し慣れた ?入院3日目


な?んとなく入院サイクルが掴めてきたかな?

【6:00】 起床
早く眠れたこともあって よく寝た!って感じ
スッキリ目覚めたくて 1Fの自販機コーヒーを飲みに行く
ロビーはいつも人が多いんだけど さすがに朝はひんやりして淋しい
メールをチェックし 部屋に戻る

【8:00】 朝ごはん
(ごはん 味噌汁 のり玉 ちくわと人参の煮物 玉ねぎとパプリカのソテー 牛乳)
同じ部屋の右隣とそのまた隣のオバサン2人とお友達に
会話に花が咲く♪ お喋りに年代差なし(ふたりとも70歳だった)

【10:00】 おやつ
昨日お通じがなく 看護師さんに水分の補給と運動を薦められる
運動ってもなぁ・・・
とりあえずヨーグルトも食べてみる

【11:00】 手術後の練習
本を読んでいると看護師さんがやって来た
手術後の動作の練習だそうだ
エコノミー症候群予防に 足を動かす練習 安静時に口をゆすぐ練習 
さらに傷口に負担のないようにベットから起き上がる練習など
その後先生 土曜日なのに顔を見せる
特に症状があるわけではなのに・・・
いかにも休日来たって感じで 手術前に不安が軽減できるような配慮からかと思う
本当に患者想いの先生

【12:00】 昼ごはん
(ごはん 八宝菜 ほうれん草のピーナツ和え 大学芋 りんご)
食事の後は しばし雑談のパターン定着
同じお部屋ではあるけれどカーテンで仕切られているため
部屋の中ではお話できないので・・・

【14:00】 おやつ
今日は平岸アンパンなるものを購入(平岸とは札幌にある地名)
1Fでカフェオレと共に頂くが 美味しいものではなかった(笑)

【17:00】 オットが来る
新聞を持参して登場
そうそう 持ってくるはずの診断書を忘れたため 届けてもらう

【18:00】 晩ごはん
(ごはん ひき肉の松風焼き トマト セロリとホタテの煮物)
お喋り延々と続くー

【21:00】 就寝
寝る前はラジオを聴いてみるものの やはりすることがない
結局 早く寝ることに


ここの看護師さんは 若い人が多くそれも女性ばかり
他の階には男性もいるそうだ
しかも冬のせいかマスク姿に白衣で 誰もが同じ顔に見える

部屋が南側に面しているせいか 陽が差すと非常に部屋が暑くなる
汗っかきの私は ビショビショになるので
手術の前日にお風呂に入っても汗だくになるだろう予想し
当日身体を拭きたいこと申し出る
だって 汗臭い身体で先生に手術してもらいたくないもん
本当に暑いのよ?

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暇を持て余す ?入院2日目


手術前に4日もここにる必要が あるのだろうか?
どうやら風邪をひかない為らしいけど・・・

【6:00】 起床 採血 検尿
しかし全然眠れず
どうも空調の音が気になって気になって・・・
まぁ昼寝も出来るご身分なので あまり気にせず
とりあえず検尿のためトイレへ そして採血のために腕を温めようと布団の中へ 
あれだけ不安いっぱいだった採血が 1発で決まり安心する

【8:00】 朝ごはん
(ごはん 納豆 味噌汁 コーンとウインナーの炒め物 小松菜のおひたし 牛乳)
みんなお話して 楽しそうだな
私もお話したいよ?

【9:00】 回診
一応いらっしゃるものの 当然何の症状も無い私には
挨拶だけで素通り状態

【9:30】 麻酔科医の説明
麻酔科の先生がやってくる
面談室で説明を受け 同意書にサインする

【10:00】 おやつ
韓国語の勉強をしようと持ち込んではいるものの 全然頭に入らず
病院内を散策することに 
足は売店へ出向きヨーグルト購入・食べる

【11:00】 お引越し
ベットの空きが出来たとのことで 移動するも
また同じように病室ではなかった
本当に部屋に空きがない様で 回復室のようなところを使っているよう
部屋のような作りではなく ICUの仕切りが無い状態
5台のベットが並び 常にカーテンで仕切られている
隣は誰がいるのか分からず・・・
声はオープンだけれど 視覚的にはプライバシーが守られている感じ

【12:00】 お昼ごはん
(ごはん チキンの照り焼き 中華スープ カブのゆず風味 みかん)
誰も知っている人がいないので 今回もまた淋しく食べる

【13:00】 手術室の看護師からの説明
手術当日の流れの説明あり
何の迷いもないので 淡々と話を聞く
何がビックリしたって 当日担当してくれる看護師さんが 妊婦だった!
それも8ヶ月とかそれくらい? 大きなお腹だった

【13:30】 昼寝とお風呂
昨日の寝不足から 昼食後眠くなる
短い時間眠り お風呂に入るがひとり独占状態ゆっくり浸かる

【14:30】 おやつ
食事が少ないので お腹が空くと思い買っておいたアンドーナツを食べる
食欲旺盛な私にとっては 夕食から朝食がネックになりそう

【15:00】 執刀医の説明
オットが少し前にやって来た
早速面談室に呼ばれ 事細かに説明してくれた
この手術までにはかなりフクザツないきさつがあったのだけれど
先生は流れを オットにキチンと話してくれた
昨日会ったばっかりなのに カルテを隅から隅まで見てくれたんだわと感激
もしかすると手術の影響で 声がかすれるリスクを追うことになることを聞く
その際にこんな声になりますと 実践してくれる先生
笑うところだったのだろうけど 笑えなかった(苦笑)
終わってみれば 1時間以上経過していて室内が暑く 汗びっしょり

【18:00】 晩ごはん
(ごはん 海老玉あんかけ タラモサラダ ブロッコリーのミルク煮 高野豆腐の味噌汁)
やっぱり少なめ お腹がすぐ空きそう・・・
右隣のオバサンと知り合いになる

【21:00】 就寝
することがないので 本を読んだり ラジオを聴きながら横になる
本当は韓国語の勉強したいけど 集中できなくって・・・
昨日の寝不足のせいか そのまま眠ってしまう


やっぱり今日も 身体は1日ダルかった
しかし 食欲だけはあるのよ・・・

先生 よく様子を見に来てくれて
私の首の傷を気にしてくれているようです
当の本人はそれほどではないのですが・・・

部屋が変り ここであと10日以上?
左隣のオバサンが うるさくて
一体どこが悪いんだか知らないけど その話っぷりではかなり元気そうじゃん
とにかく視覚的にひとりの状態なんだけど 何事にも集中出来ず
部屋を入ったり出たりの繰り返し
美味しいコーヒー飲みたいな?

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

担当医はイ・ゴヌク(笑) ?入院1日目

無理矢理シフトに入れてもらった 昨日一昨日の仕事を終え
とうとう今日 突然の入院です

それにしても突然過ぎないか???
まぁ私の場合はちょっとした病院とのトラブルになり
手術日だけ(あくまで予定だけど)は 事前に知らされていたわけですが・・・

【10:30】  市内でもまぁまぁ大きい総合病院 外科病棟へ
オットとともに病院到着
当の私は平然としていて 不安そうなオット
まぁ2週間ばかりひとりになるので 不安は不安よね
病院のパジャマに着替え カワイイ看護師さんに病棟の案内をされ
病歴やアレルギーの話などを聞かれる
オットはすぐさま 仕事へGO

【12:00】 お昼ごはん
(ごはん 海老とマグロのお刺身 野菜の炊き合わせ 厚焼き玉子 きゅうりの漬物 ほうれん草のおひたし) 
お弁当が出てきたと思ったら 中身は刺身も入ってる?
これにはビックリ! なかなか美味しかった

【13:00】 院内探検(笑)
特にすることも無く 売店をブラブラ
手術に必要なT字帯を購入し 一緒に買ったヨーグルトを食べる
看護師さんの言うとおり 食事はちょっと少なめ
物足りなかったので 満足

【15:00】 面談決まる
先生との 手術に関する説明面談の時間の決定を迫られる
しかしあまりに突然の入院で オットは仕事の都合がつかず
でもどうにかしてくれたようで 明日15時に決定
そして決まっていなかった執刀医と初めてご対面!

【16:00】 パッチテスト
アトピーで皮膚が弱いので 手術の時などに使うテープのテストをされる
6種類くらい左腕内側に貼られるが
厚めの粘着力が強いタイプは 厳しいなぁ
それと 風邪をひかないようにうがいを義務付けられる

【17:00】  エコー検査
先生より呼び出しで エコーが見たいとのことで外来に呼ばれる
体調がここ数年悪かったことを訴えるも あまり関係ないとの答えにガッカリ
でも そんなことは無いでしょう???センセー
話の受け答えに 信頼できそうな先生だと思えてきて
やっぱりゴヌク先生だわと 嬉しくなる

【18:00】  晩ごはん
(ごはん 鶏ミートローフ ペンネ キャベツの紫蘇和え)
知っている人もいないので 一人淋しく食べる
この病院では歩ける患者はすべて お食事できる部屋へ移動して食べるシステム
他の患者さんとの交流もあって なかなか楽しそう♪

【就寝まで】
ひとりなので 本を読んで過ごす
TVも見れたのだけれど なんとなくそんな気になれず
結局 早く寝ることに


ベットの空きがないとのことで 1日だけ空室のICUに
ほぼ個室状態で洗面台もついていました
明日は移動になると聞いていたので 荷物はそのままに
やっぱ 布団が違うと眠れないなぁ
全然身体は疲れていないし・・・

元々手術するに当たって 私は先生を信じるしかないと思って覚悟も決まっていたんで
何の迷いもなし
先生にとってはちょっと変った患者に見えたかも
そう 私は誰が執刀しようと担当医師は 心の中でイ・ゴヌクと決めていた(爆)

イ・ゴヌク
韓国ドラマ「外科医ポン・ダルヒ」に出てくる 
医師としても優秀で 絶大な信頼を得ているイケメン医師
但し 私の担当医師は50代だよな?(笑)

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。