blueberry muffin

甲状腺乳頭がんを闘病していた ぴょんの気ままな日記です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術日当日 ?入院5日目 術後1日目


とうとう手術日を迎えました!

13時開始で 4時間の予定
明日の昼ごはんから 食事開始
全身麻酔なのに そんなに回復早いですかぁ???

先日の面談で 翌日は寄っかかってもいいから必ず起きていること
首の傷が寝ているとそのシワのままになってしまうからと言われていました
20年前に虫垂炎の手術を受けているのですが 
それからするとかなり軽そうなイメージ???

【6:00】 起床
安定剤で深く眠っていたのか? 何故だか背中が痛い
通常通りなんだけど 何故だか落ち着かないのは気のせいだろうか?

【9:30】 浣腸
前日下剤使っていてよかったよ
いきなりコレでは 大変だったはず・・・
だって 2?3分ガマンしてくださいって言われたけど
トイレ直行!
その後先生現れ 傷がどんな感じでつくのか マジックで首に書かれる
結構大きく大胆なんだけど 私そんなに気にしてません
もういい歳ですから(爆)

【11:00】 オット到着
その前に身体を拭いてもらい 長い寝巻きに着替える
正直なところ この辺からあまり記憶がない
手術中の点滴の針を入れてもらうが 問題なく1発で終了
その後点滴が始まり 眠くなってくるのだが
眠くなった記憶さえ 怪しい

【12:30】 手術室へ移動
本当が記憶がない!
自分でストレッチャーに乗ったもんだか?移されたもんだかも分からない
ただ移動の最中 曲がり角が多くて 酔いそうになった
そして手術室のベットに移動させられ 名前を言わされたこと
そして胸などに何かペタペタ張られた記憶は鮮明に
今回の麻酔は必ず 3を数えられるようにと思っていたけど(←ナベアツかよ)
数を数えるように言われなかった(笑)

【19:10】 手術室退室
起され気が付いたら 手術終了
腰がメチャクチャ痛かった!
そして メチャクチャ暑かった!
身体は細いベットに張り付いている感じ
腰を動かしたいのだけれど 足が固定されているらしく動けない
訴えたいけど 声が出ないー!
病棟からお迎えが来ますから 待ってくださいと言われるも
いつまで待たせるんだ?(激怒)
この時間たるや 今までの人生の中で一番長く感じられた
実際にはそうでもないんだろうな

【19:30】 オットと対面
リカバリーなる手術したばっかりの人が1泊する部屋で気付く
オットが左にいてくれて 時間を聞くと19時半
え?っそんな時間???
とにかく 腰が痛いが4時間は安静にとのことで先生に説得される
1時間置きの血圧と検温が わずらわしい
次に気付いた時は横向きが許されるが 一緒に首も痛い
右肩が痛いと訴えたいが 声が出ない(というか うまく説明できなかったのだろうと思う)
痛み止めが処方されてますから 注射打ちますと看護師に言われるが
傷が痛いじゃないんだよ?
手にナースコール無理矢理持たされる

【一晩中】 右に左に
とにかく検温と血圧測定がわずらわしい上に 腰が痛くて非常にツライ
10分も持たず(実際は違うかも)に また寝返りを打ちたくなる
看護師さん呼ぶのもあまりに気の毒で 仕舞には自分で背もたれにする枕を動かす
なかなか朝はやって来ない


虫垂炎の手術から学んでいることは
手術中は何事が起こっているか 分からないので
安心して寝てられる
但し 手術室で起された時から苦痛が始まるってこと
全くその通りだっただけど 問題は傷じゃないのよ
痛かったんだろうけど それより腰なのよ?


【後日談】
後に オットから聞いたことなんだけど
手術時間は6時間近くだったらしい 
手術室から出てきたのは19時10分だったそう
医師からの説明によると
予定通りたっだのだけれど 私のアトピーによる感染症予防のため
縫合に時間がかかったんだとか
まして女性なので 細かく縫ってくれたんだそう
そうそう 抜糸したときの糸は髪の毛より細かったもの・・・
先生本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

| 甲状腺乳頭がん | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。