blueberry muffin

甲状腺乳頭がんを闘病していた ぴょんの気ままな日記です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今回の入院(PEIT治療)について

遅くなりましたが 今回の入院の総括です

治療の目的は 乳頭ガンがリンパに残っているものを
アルコールを注入することで 潰すこと
放射線のカプセルは 前回の効果を診る検査で
一応初日のCTで 少し小さくなっていると先生から報告を受けました

この治療で ガンの部分が無くなることはないでしょうけど
小さくなると思われるので 一応安心していいのかなと思いますが・・・



しかしながら やっぱり気になる転移
なんせ 同じ病室のSさんは 左右別に手術したとはいえ
転移が2回あって4回の手術ですからね
それも 数年の間に・・・

これに関して主治医は
ハッキリとは言わなかったけど 
これから先は私の解釈・・・
やっぱ 先生のお見立てであったり 外科医としての腕なんだろうなと実感
「○○病院の○○先生(通常薬を処方してくれる内分泌内科の先生)に診てもらえたのは 正解だったと思う」
と言われたので・・・
やはり 医学は進歩するから5年先には何か手立てが出来ることもあると
またも キッパリ言われてしまいました
先生その時 何歳なの???

私の主治医は非常に患者さんが多く 忙しい方で
同室のTさんによると 先生に診てもらえるだけでもラッキー
お断りされる患者さんも 非常に多いんだとか
確かに 初診でここに来ても診てはもらえないだろうな
そういう意味でも ○○先生と知り合いだったから紹介してもらえたんだし


ところで 入院後半 同室だったSさんとTさん
Tさんは 副甲状腺のPEIT治療で 一緒に受けていたのですが
とても上品な奥様って感じの 優しい方でした
ただ 私と同じでウツ? それも私より重症って感じがしてしまいました
夜も眠れないと訴えていたし 以前には入院もしていたとのこと
気持ち的に非常によく分かるので 同感!同感!
でも気持ちよくお喋りもしてもらえたし 私としては楽しく過ごさせていただきました

Sさんは 私と同じ乳頭ガンで4度の手術と肺に転移があり 
だけど 全然そんなこと気にしてないって感じで
運動も好きみたいだったし パートで働いて ハツラツとして元気な方でした
私よりガンに関しては重症だし その元気をもらわなければと思ったのですが・・・

最後の主治医との話の時
Sさんは非常にナーバスになっていて 別人のように明るくなりました
本当に助かりました ありがとうと言われたんです
えっ? Sさん? Tさんはじゃなくて??? 

Sさんには 私の1回目の入院と全く同じ過程だったので
イロイロ教えてあげたりしていたのですが
こっちが元気をもらっていたくらいで 嬉しかったのに

後に Sさんに退院おめでとうメールをしたときに
主治医から ○○さん(私)と一緒でよかったでしょ?って言われたそうで
一緒でありがとうございましたと 返信が来ました
やっぱり聞き違いではなかったようで
こんな私でも 人の役に立てたんだなと 嬉しくなりました 
Sさんとは これからもメールで親交するつもりです
スポンサーサイト

| 甲状腺乳頭がん | 11:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。